ペット保険・生体補償について

ペット保険のご案内

当店ではアイペットのペット保険への加入をお勧めしております。
通院 + 入院 + 手術 の費用が補償される「ペット保険うちの子」なら、お迎えのその日から使えて、はじめの1か月は最大100%補償されます。元気な子でも急激な環境の変化は何が起こるか分かりません。万が一、お迎えのその日に急遽動物病院へ行くことになっても補償が受けられて安心です。さらにペット保険にご加入いただいた方には当店独自に60日間の生体補償(死亡補償)を付けさせていただきます。

ペットには人と違い公的な健康保険制度がありません。そのため動物病院での治療費は全額自己負担となります。しかも自由診療といって動物病院によって料金もバラバラです。治療の内容によっては思わぬ高額負担になってしまうこともあります。体力の安定しないはじめの1年はちょっとしたことで体調を崩してしまいがちです。万が一の時にすぐに動物病院に連れていけるように準備しておくことはとても大切です。

詳しくはアイペットのサイトをご覧いただくか、もしくはお取引時に詳しくお知らせいたします。

ペット保険ならアイペット損保【数々のNo.1受賞】

ペット保険の「アイペット損保」公式サイト。5年連続新規インターネット契約数No.1を獲得。身近な通院から高額になりがちな…

​生体補償について

当店では健康面、衛生面に十分配慮してブリーディングを行っており、産まれた後もストレスを与えない環境と、愛情をたっぷりと注ぎ、大切に大切に育てています。お渡しする前には獣医師による健康診断を経てからのお渡しとなります。子猫の健康面には自信をもっております。しかし、生体である以上絶対はありませんし、生後2~3か月頃の子猫は体力面で劣るため、お迎えするにあたって不安がある方もいるかと思います。そこで、さらにお客様に安心して子猫をお迎えしていただくために上記の保険とは別に当店独自に60日間の生体補償を行っております。(※上記のアイペットの保険にご加入いただいたお客様限定のサービスとなります)

お引き渡しから15日以内に死亡した場合には、理由を問わず(一部除外項目あり。下記参照)同種の子猫にて補償させていただきます。同種の子猫がすぐに用意できない場合は、しばらくお待ちいただくこととなりますのであらかじめご了承ください。

お引渡しから16日~60日以内に先天性の疾病が原因にて死亡した場合には同種の子猫を売値の半額にてお譲りいたします。同種の子猫がすぐに用意できない場合は、しばらくお待ちいただくこととなりますのであらかじめご了承ください。

補償には獣医師の診断書が必要になります。獣医師に診せる前に必ず当店へご一報ください。なお、治療費や診断書費用などは補償の対象外となります。

生命保証に関して、以下の場合はその適用が除外されます。

  • 飼育者の重大な過失、故意に基づく死亡の場合。
  • 獣医師により治療、診断を受けなかった場合。
  • 獣医師に診せる前に当店へご一報いただけなかった場合。
  • 伝染病予防のワクチン接種を受けず、そのための死亡の場合。
  • 事故による死亡、逃亡、及び盗難の場合。
  • FIPが原因による死亡の場合(発症原因が不明で予防ワクチンや治療法が確立していないため。)
  • 虚偽の申告があった場合。
  • 当店が推奨するアイペットの保険に未加入の場合。
>「No cat, no life!」猫の居ない人生なんて!

「No cat, no life!」猫の居ない人生なんて!

当店は愛知県の半田市で運営している猫ブリーダー「Fuku & Sachi's」です。
小さなキャッテリーで常時掲載している子猫の数は少ないですが、とても可愛い子猫たちばかりです。
ブリーダー直売なので良血統の子猫たちがびっくりするくらいの価格で貴方を待っています。
きっとお気に入りの子猫が見つかるはず!